日頃から肩こり対策でやっておきたいこと

おばあちゃんの知識バッグ

痛みを伴う肩こりを解消する方法

2014年9月
シェア
ツイート

男性と女性が悩んでいる人は多いので、肩こりが「日本の全国病」と呼ばれることもあります。原因は、肩や首の血流が停滞し、その部分に疲労物質が蓄積していることです。夏には、首と肩を冷房で冷やすと、肩が硬くなります。予防するために、肩の周りの血流を改善する。私は簡単に行うことができる堅い肩を解決する方法をあなたに示します。

“ショックノック”から “ショルダーノック”

私の肩が来るとき、私は長い間、家族と一緒にトントンを肩にするように私の家族から求められました。しかし、ひずみを強く叩くと筋肉がひどくなることは逆効果である。硬い肩をなくすには、肩の筋肉をお勧めします。指先で肩を揉んで、手のひらの暖かさを伝えようとすると、優しく肩を揉んでくれるので、やさしく優しくストロークさせる。このようにして、肩の汚れをする人も疲れません。

1日5分「新聞のスイング」

竹刀を振り下ろすことは、硬い首を解除するための推奨運動です。肩の上で腕を振り回す動きは、肩の周りに適度な筋肉を置き、堅い筋肉を緩める。さらに、血流を促進し、剛性を改善することも期待できる。肩を硬くするために竹刀を買う人もいますが、新聞を巻いても同じ効果が得られます。

Melancholy Pocaporka “ジンジャーポンプ”

おなじみの食品を使用するパップ剤は、古風な治療法です。その中でも、血流を促進し、身体を温め、鎮痛効果を有するジンジャープロモーションは、硬い首を解放するのに便利です。

●準備するもの
ジンジャー(150 g)手ぬぐい手ぬぐいゴムバンド若干湯洗い洗面台

●作り方
生姜を手のひらに入れてラップし、ゴムバンドでクリップします。
お湯を入れた洗面器に1を置き、よく振ってお湯に入れてください。
2でタオルを浸して絞る。
肩に3つの暖かい。
協力/ NPO法人おばあちゃんの知恵袋のイラスト・イラスト/福永ミズノ
※このセクションで紹介する内容は、伝統的な民間療法に焦点を当てており、医学的にも科学的にも証明されていません。

肩こりでお悩みの方必見!いまから改善できる10の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です