肩こりとは?

肩こりとは?

硬い肩の堅さ(肩の硬さを集めたもの)は症状の名前の1つです。肩だけでなく、首は固くなる傾向があります。それはまた、 “肩のストレッチ“と言います。主に僧帽筋で起こる症状[1]。国民生活基本調査(厚生労働省調査(2015年度))(男性1位、女性2位はローバックである)の苦情率で男女間で2位を占める症状である痛み)。

これは、主観的な詰め物、硬い感じ、不快感、硬直、重さおよび痛みにつながる症状の総称であり、頸部から僧帽筋の領域まで生じる。頭痛は吐き気を伴うことがある[1]。日本では、「肩」という表現は「肩こり」という名称で使われていますが、これは日本特有のものであり、国の他の国の首や背中の病気の症状の多くを示しています。
それはまた、子宮頸部および肩の症候群の初期症状であり得る。
原因[編集]
この症状の原因はいろいろありますが、決定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などの不明点が多い疾患です。
首や背中を緊張させるような姿勢をとること、引き締め、ひざ掛け、ショルダーバッグ、空調などの悪い姿勢をとること。頭と腕とその周囲の筋肉(肩甲骨の筋肉、上腕と後鋸筋、菱形筋肉群、板状筋肉、脊柱勃起器)を支える僧帽筋の持続的緊張により筋肉が堅くなる循環障害ローカルで発生します。酸素と栄養素は端に達していないと信じられている、疲れ物質が蓄積し、これが刺激されて肩を強くする。あるいは、最近、筋肉を包む筋膜に形成されたしわ(しわ)が原因であることが判明している。
症状[編集]
僧帽筋領域(特に肩の上部)の局所的な圧痛から始まる。肩甲骨は肩の上部で厚く、これも肩の肩の主な原因の1つです。
それが進むにつれて、柔らかい部分と硬く感じる部分が広がります。
筋肉の持続的な緊張により、深い筋肉(肩甲骨筋、棘筋、菱形筋、脊柱起立筋、上鋸筋、後鋸筋)に圧痛が広がると、「硬さ”、筋肉は堅くなり、重い感じを始める。
肩甲骨と肩甲骨の間(肩甲骨の部分の間)と肩甲骨の内側の間に、主観的には肩の上部の首に傷があり、「何かがあるかのように感じる」感じですしばしば「鉄板のような感じ」と感じられた。
あなたが苦しみを残すと、あなたは痛みを感じるでしょう( “それは首に痛い” “腰が強く、腰が痛いので寝ることができません”)。進行するにつれて、頭痛、顔面/上肢に関連する痛み発生します。
診断[編集]
触診により、愁訴部分の優しさや筋緊張・硬直(硬さ)等が見える。
頚椎椎間板ヘルニアなど。時にはX線写真、CTなどで区別されます。
治療[編集]
薬物療法
抗炎症性鎮痛薬(内部または外部使用)、筋弛緩薬、抗不安薬などが使用される。この薬の代表例は、パップ剤(サロンパス、徳用)、デパなどです。
症状が強いときは、柔らかい点(トリガーポイント)の注射と神経ブロックも行われます。
理学療法
鍼灸治療・各種手作り療法・運動療法・吸いこしボール・カッピング療法・静脈切開治療・マッサージ・温熱療法・水治療法・電気療法などが行われています。
言語文化と「肩こり」[編集]
「肩甲骨」という言葉は、夏目漱石[2]によって作られた理論を持ち、その前に肩が伸びたと言われました。
しかし、「Gate」発表とほぼ同じ時期に、現代語と同じ使い方で「肩こり」を用いた例があり、その時以降は「習慣の固さ」という表現が見られるため、この表現の起源が漱石にしか帰されないことは疑問である。
さらに、その言葉の前に、いわゆる「肩こり」の症状を特に指す言葉が日本語でないという理論は、「門」の前であっても樋口一太「肩が伸びる」という表現を用いている。1686年、その時の医療記録「病気の学習の解決策」には「習慣」として紹介されており、その言葉が「かたた」であるという記述があるが、それは無効である。それゆえ、「肩こり」という言葉が生まれたので、その症状が現れたとの談話そのような言語文化に特有の症状の例として、フランス外ではめったに報告されていない重い足(jambes lourdes)は世界的に有名です。フランスでは、日本では重い足と肩の痛みを治すためのプライベートセラピーがたくさんあります。英語では、肩こりは「肩こり」「肩の不快感」「肩こり」として表現されます。過去にはこのような様々な表記が見られましたが、コンピュータやスマートフォンの普及により欧米では剛性が増したため、論文数も増加し、多くの場合「首の痛み」と呼ばれていました脚注[編集] ^ abc Public Corporation日本整形外科学会「肩こり」^「ゲート」の次の部分(1910年に新聞に掲載された)が最初に登場する。「ちょっと後に」米が訴えた。武蔵の手が米がどこにあるのか決まる前に、私はそれを2〜3回ここに簡単に配置しなければならなかった。私は指でそれを押したとき、首と肩の縫い目の後ろに近い地元の部分は石のようにちょっと立ち往生した。彼は私に力でいっぱいの男性の力を抑えてくれるように頼んだ。^ 1唐は詩の執筆の時であり、モノグラフのような硬い肩の嫌悪は嫌だった。 (狩野直樹「日本国民のカタログ上」1910年)

肩こりでお悩みの方必見!いまから改善できる10の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です