肩の硬さがすぐに軽くなり、肩甲骨が伸びる

肩の硬さがすぐに軽くなり、肩甲骨が伸びる
日経ヘルス

2016/2/26

(写真:鈴木博)
日経ヘルス

机の仕事は長く、肩は狂っている。肩甲骨が背中にくっついているように感じます。そのような人は、医者によって考えられた “肩甲骨剥離”を試みる。肩甲骨の動きが容易になり、肩が軽くなり軽くなり、背もたれがなくなる。
肩は肩で強く感じます。多くの人々は、肩甲骨が背中にくっついていると感じています。東京医科歯科大学整形外科医の遠藤健司医師は、「肩甲骨は肋骨の上を滑るように動きますが、肩甲骨が肩甲骨に付着すると肩が硬くなり、動きが悪くなります。それはしばしばかわいいです」肩甲骨が背中を壁に付けて立っているかどうかにかかわらず、腕を上げるだけで理解できます。

「水平から45度までは肩関節のみで腕が上がるが、それ以上に腕を上げるのは肩甲骨の動き」とエンドウは語った。言い換えれば、あなたが45度まで上がらなければ、肩甲骨は狂っています。

まず、肩の剛性は、「肩甲骨を動かす筋肉である深部の菱形筋と肩の膝の筋肉に大きく影響し、これらがより硬くなるにつれて、肩甲骨の動きそれが鋭い刃になるので、これらの2つをリラックスさせ、意識的に鍛える必要がある」(遠藤)。肩甲骨を最初に動かすことができる範囲を広げた後に、「肩甲骨の筋肉訓練」で最初に2本の筋肉を訓練しましょう。肩が硬く、首から腰まで解ける。

■腕を上げるだけで肩の刃が分かります

壁の後ろに立って、あなたは肩甲骨の動きがどれほど悪いのかを知っています。「ギャシャチャネスの程度」は、腕がどれだけ上昇するかによって決まります。角度があなた自身で理解することが難しい場合は、あなたの周りの人に見てみましょう。

 

ヒール、背中を壁に置き、真っ直ぐに立ってください。その姿勢で、腕を肩の位置まで上げてください。手のひらが下を向いていた。肘は曲がってはならず、腕は壁に取り付けるべきです。 2.腕をそのまま壁に沿って持ち上げます。痛みを感じない場合は、不合理な場所に持ち上げて角度を確認してください。あなたの腕が壁や肘の曲がりから分離していないことを確認してください

 

 

 

[2つの “肩甲骨のピーリング”、首が素早く肩から軽くなります]

“肩甲骨を取り外す”、まずストレッチを行い、次に筋肉をトレーニングする。肩甲骨が肋骨からメリスメルを取り除いているという感じは爽快です。それを味わいます。

まず、肩甲骨の可動範囲(動作範囲)を広げる「肩甲骨ストレッチストレッチ」。これは、前のチェックに反して、盛り上がった腕を下げます。可能な限り伸ばしながら、肩甲骨の柔軟性を徐々に伸ばすことによって。

40肩の人、凍った肩、「肩の関節が立っているときとは違うので、4つのボールで同じ動きをする必要があります。

ダイヤモンドの筋肉と肩甲骨の筋肉をトリミングし、肩甲骨を正しい位置に調整して仕上げるために、 “肩甲骨の筋肉皿”を実行しましょう。

“肩甲骨の筋肉は、文字通り肩甲骨を上げる筋肉であり、ダイヤモンド筋肉は肩甲骨を後ろに運ぶ筋肉です。これは、肩甲骨を上げた後すぐに膀胱を動かす動きです。したがって、効果的に2本の筋肉を”遠藤は言う。また、肩甲骨が肋骨から「剥がれる」ような爽快感もあります。

「肩甲骨骨剥離」は、背骨を改善するためにも有効である。 「ザトウクジラでは、首に重い負担がかかりますが、ザトウクジラが改善すればネックレスも改善され、肩や凍った肩が改善される人もいます。

肩が硬くなると、手で強く匂いがする傾向があります。「強く堅くすると、浅い部分の僧帽筋の血流が良くなり、一時的に硬い感じを得ることができますが、深い肩のライザー筋に菱形筋私は働くことができない “(​​遠藤)。したがって、しっかりと動くのが良いです。

硬い肩もまた自律神経に影響する。 「肩が硬くなると筋肉が緊張し、交感神経が支配的になり、血管が収縮し、手足が冷えやすくなります」とエンドウは語った。是非、「肩甲骨の皮を剥がして」日常生活に。

■肩甲骨の動作範囲を広げ、肩甲骨のステープル除去

まず、肩甲骨をより良く伸ばします。 40肩、凍った肩、腕を上げるのが難しい人は同じで動きます。

 

1.立ち上がる、または片方の腕を前に伸ばす座っている姿勢でのDS。前の手のひらを拭き、高い窓を傷つけるというイメージで伸ばしてください2。腕をゆっくりと伸ばすと、腰の高さまで5秒以上ゆっくりと手が降ろします。可能な限り画像を拭き取ります。 ■肩甲骨を正しい位置に置いて、肩甲骨の筋肉訓練を行います.2つの深い筋肉、肩の静脈筋、およびダイヤモンド筋肉を一度に試してください。肩を持って肩を凍らせ、腕を上げるのが難しい人は、腕の高さから始めます。あなたは直立したり、座ったりできます。両肘を肩の高さまで持ち上げ、鎖骨の周りを手で動かします。上げた範囲で肘を上げ、肩甲骨を上げます。 2.両肘の位置を可能な限り低く保ちながら、肘を5秒間引き戻します。肩甲骨をしっかりと引っ張り、意識を持って「肩甲骨を剥がす」。 3.肩甲骨をしっかりと守り、肘を下げて肘を弱くします。これを5回行います。東京医科大学整形外科部門司講師。東京医科大学卒業。大学院時代の頚部と首からの平衡障害(めまい)に関する研究を行い、米国ロックフェラー大学で留学した時の神経生理学を専攻しています。東京医科大大学医学部茨木医療センターで整形外科医として働いた後、2007年から現職。近年、「本当に恐ろしい肩こり」(ショーテンガ)。 「日経健康新幹線」(スタイリング中野梓=ビスワ、ヘア&メイクアップ木ノ下、モデルバイオレット)[日経ヘルス2月号の記事を再構成する]偶数筋肉を訓練すれば、 “硬さ”と “痛み”は消えません。また、私の首や肩が痛い…スマートフォンの使用が多すぎるかもしれません。肩の脇の下の筋肉の硬さから、あなたは頻繁に動き、脊椎の若さと強さを保つことができます。働く女の子の疲れが座りを引き起こしました。体と心の「大きな睫毛」では、光沢のある光沢のある肌、心も陽性です。背中は5歳の息子です。背中、腰…信じられないほど「8文字ストレッチ」今年は美しい姿勢ですもっと健康で美しい月刊誌「日経ヘルス」は、

肩こりでお悩みの方必見!いまから改善できる10の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です