頸髄症とは?

あなたはこんな状態ではありませんか?

 

・首を触ると、足にピリピリと痺れが走る

・頚椎椎間板ヘルニアが進行して足にまで痺れがきた

・排尿するときもきになる

 

頸髄症とは頚椎椎間板ヘルニアがひどくなった状態を言います。

ここまでくると、手を開いたり閉じたりができなくなってきます。

そこまで運動能力が下がってしまうと、日常生活にも支障が出てきてしまいます・・・。

まぁここまで放置する人はほとんどいないと思いますが、念のため対策方法をご紹介します。

 

対策のポイント

もう手術しかありません。

ただ、痺れは脳梗塞や糖尿病が原因の場合もあります。

まずはMRIとCTを撮ってみましょう。

 

一番は、ここまで来る前にストレートネックを自分で意識して改善していくことです。ちょっと意識を変えていくだけです。

まぁメンドウだとは思いますが、手術になる前にしっかりやっておきましょう!!

頚椎椎間板ヘルニアに注意!電流のような痛みがあったら危険!

咳やくしゃみをすると、首から肩、腕にかけて電流のような痛みが・・・

そんな方は要注意です!!

 

もしかすると首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」かもしれません。

頚椎症が悪化した症状と言えます。

そのままにしていると、症状がどんどん悪化してしまいます。

 

そうならないうちに、治療をしましょう!!

 

どうやって対策する?

けん引療法や温熱療法があります。

また、痛みがひどい場合は神経ブロック注射もオススメです。

 

さらに、すでに生活に支障が出ている場合だと外科で手術が必要な場合もあります。

これはとても危険な手術です。

 

まずはそうならないためにもストレートネックを日頃から改善するようにしましょう。そうすれば自然に治るようにカラダは機能します。

もし医師に手術を進められても、自分で治すことができないのか、しっかり検討してから結論を出すようにしましょう。

自分で治す方が安全ですし、再発防止にも繋がりますからね。

 

一般的な肩こりと対策のポイント

まず一般的な肩こりは「純粋な筋肉疲労」ということです。

疲労が原因なので時間が時間が経ったりマッサージや運動で改善することができます。ただ、慢性的に肩こりや首コリを感じている方は要注意です。そんな方はストレートネックや仙腸関節に異常があるということです。

すでに頚椎症になりかけている方も多いです。

あなたは「頚椎症予備軍」じゃありませんか?

肩こりを甘くみてはいけません。早い段階で対策をとりましょう。

 

筋肉疲労の場合は肩や首を動かしたりマッサージしたりしましょう。

なにより大事なのはデスクワークなら1時間に1回は休むこと。ストレッチをしたりするのもグッド。

それと枕を低くするにもいいです。枕を思い切ってやめてみるのも良い効果が。

ただし、横向きの場合は枕はあった方がいいですよ。

 

なごみ美人の詳細はコチラ

http://www.xn--38j0b6c623oy94c.online/

【警告】ストレートネックをいますぐ直したい方必見!

あなたはこんな症状に悩まされていませんか?

 

首や肩がいつもカチカチでこったりして痛い!

デスクワークを続けると頭痛や吐き気、耳鳴りが出る

手や腕がピリピリとしびれる

 

もし1つでも当ては待ったら要注意。

これらの症状は「頚椎症」と言います。

その原因がストレートネックです。

 

頚椎のカーブがなくなってしまうと頚椎ばんが変形して神経を圧迫してコリを引き起こします。やっかいなのはレントゲンやMRIでは発見できないこと。

最悪、腕や手先の痺れがひどくなるのでご注意ください。

でもちょっとした工夫で治すことができます。

 

まずはストレートネックを治す習慣をつけること。

首や腰の矯正を行う。

枕を変える。

などなど

 

それでもひどい方は関節方内矯正を受けてみてください。

頚椎症には仙腸関節が重要です。

コツは腰の方はまだ大丈夫という方も、腰もセットで矯正していくと効果大です。